第7回久万高原ヒルクライムレース

第7回久万高原ヒルクライムに参加してきました。
計測機器はガーミン先生にお願いしてますが、数字を見ると気持ちが折れるガラスのハートの持ち主なので、表示項目はケイデンス・経過時間・時刻の3つのみが常です。ほぼ、客観的な数字は目にせず、主観的な感覚で上がる事を信条にしてるのですが…
この大会のスタート方式って、スタートした瞬間どこまで速度を上げたら上位に食い込むのか、相変わらずよくわかんないんですよね。身体はキツイんだけど、上げすぎなのか適正なのか?横並びで10人だけのスタートで、運良くその中に同じ位の脚の人、もしくは自身よりピチピチした人がいればバチバチやれるんですけど、そうでなくいきなり1人だけピャッと前に出てしまうと「上げすぎ?」と迷いが生じたり。
上がってる最中もこのキツさを最後まで維持しながらタレずにいけるのか?めっちゃキツイけど、完全にペース配分のミスか?
と、ただただ邪念しかない計測会でした。煩悩の塊。
結果、年代別9位。
それなら数字で管理すりゃいいやんと思うけど、そうなると僕は自転車がつまらない。けど、上位に食い込んでみたいと思うとそれは曲げないといけないのか。
まぁ…言い訳出来ない機材と、啖呵を切ってのイベントに穴があったら入りたいジュンバンコですね。唯一、悔しい気持ちがあるのは救い。
何が足りなかったのか?考えるまでもなく、ただ自分の苦手な練習を避けた結果かなと。弱いですね。
去年も次のクマヒルは「こういう風に臨もう」と思ったのを覚えてますが、学習能力が皆無なのか、同じ事を思った次第です。
さて、来年に向けてどう取り組んでいこうか、また手探りで練習していく事を楽しみたいと思います。

やっちゃんより。

スポンサーサイト

久万高原ヒルクライムの試走行ってきました。
朝6:00に亮氏にお迎えして頂いて、バビューンと久万高原まで。

準備してスタート地点までのアプローチで彼はMTBにもかかわらずカリカリ回してくれて、「マジそんな乗れちゃってんすか⁉︎ロードなのについていくん、しんどいんすけど?」と試走に来るんじゃなかったとペダルを回す毎に憂鬱な気分に。

5分差のスタートで亮氏先行。
5分待ってる間、「あんだけ回すんだからぜってぇゴールまで捕らえれんわ。しばらくの間、インフの間でロードなのにMTBにヤられた男って指指されて笑いもんになるわ~」とネガティヴシンキング。
5分来てスタートして500mくらい走ってから案の定、超シンドくて「なして試走なんかに来てもーたん?ツラか~」とネガティヴシンキング。
とにかく無心にペダルを回す。

…と、先のコーナーにチラリと自転車の姿が。まだ、スキー場手前。まさか亮氏?これは回さなければ?
スキー場は通行止めになってると思い、ショートカットコースで進路を取ってペダルを回してると、まさか亮氏は正規コースで進路を取っていたようでそれぞれのコースの合流地点で合流。
とりあえず笑い者にはならず済んだと胸を撫で下ろし、無心に美川峰の看板目指して脚を回す。
何回かこのコースを走っていると流石にゴールまでのコースがなんとなく頭にイメージ出来て、このコーナー超えたらこんな景色…と実際の景色とイメージが一致するようになってきて最後の方は走りやすかった…かも。



雲がかかってたけど、まぁまぁな景色。





下ってる最中に紫陽花の群生を発見。




綺麗に青色と赤色に分かれてるし、ちゃんと人の手が入ってるね。見応えあったけど、ここまで見に来る人いるんかな?
みんな自転車で見に行ってね~。時期モノだから早めにね~。

そこからシャーっと下って、道の駅でコーラ飲んで帰り支度して帰りました~。

今回の試走で走り始めた時に感じたほど、ネガティヴな状態では無くてそこそこ走れる体にはなってた事が分かった事が収穫でした。

大会当日も頑張ります!

ヤスヒ呂

石鎚ヒルクライム練習会

Facebookのアカウント乗っ取られたヒロシです。
パスワードは時々変えましょう!

石鎚ヒルクライムの練習会に参加してきました。
インフィニティからの参加メンバーはRYO、下山誘導員なのに下りで後ろをぶっちぎる上西さんです。
201707022118223a1.jpg

タイムを自己申告してみんなのゴール時間を一緒にする練習会なのに
みんな嘘つきばかりで予定より早くゴールしてました。
今度から自分の実力は正直に申告しようww

実際にコースを走ってみて色々と思うことがあったのですが
本番まで2ヶ月弱あるんで、しっかり練習して臨もうヾ(o´∀`o)ノ

愛南町いやしの郷トライアスロン応援

ウエニシです。

6月10日、愛南町で行われた、『愛南町いやしの郷トライアスロン大会』の応援に行ってきました!

休みの土曜日と重なって、チームのメンバーもたくさん出場するので、頑張る姿を見に。実はトライアスロンを観戦するのは初めてで、めっちゃ楽しみにしてました。

我がINFINITYからは、RYO君、こんにゃくさん、もりっち、うらせBOY、かまたくさんの5人が出場。かまたくさんは初トライアスロン!

会場に到着。
001.jpg
梅雨に入りましたが、今日は最高の天気!ちょっと風がありましたが、暑過ぎず、ちょうどいい感じ。

もう受付が始まってました。
002.jpg

ナンバーシールを腕に貼り付けます。トライアスロンならではですね。
003.jpg

ナンバーシールを貼ったり、ゼッケンを準備したり。
004.jpg

005.jpg

試走にスタート!
006.jpg

007.jpg

その間に腹ごしらえを(笑)地元の食材を使ったあれこれ、たくさんブースが出てました。その中から、タケノコとカツオの炊き込みご飯と、じゃこカツを。美味しかったです。
008.jpg

アップも終わって、バイクをトランジットエリアにセッティング。
009.jpg

シューズも輪ゴムで位置を固定。この細かい作業が、トランジットの時短につながります。
010.jpg
後で分かったんですが、トランジットのイメージをして、シューズやヘルメット、補給材やゼッケンなどを最適な位置に配置して準備しますが、いざ本番は、自分のバイクの位置を過ぎたり、なかなかイメージ通りにはいかないもの…。そりゃそうだ。全力で泳いだり、ライドしてきた後だもの。

スタート前に、みんなで記念撮影。
011.jpg
みんな、頑張って~~!!

そうこうしているうちに、スタート時間が迫ってきた。ウエットスーツを着て準備。
012.jpg

地元の吹奏楽の応援も♪
013.jpg

あ、今回のコースをおさらいしておきましょう。
コース
スイムは、2往復。一度陸に上がります。
バイクは、アップダウンのきつーいコースを4周回。
ランは、これまたかなりのアップを含むコースを3周回。

さぁ、開会式が始まりました!
014.jpg

第1ウェーブが13時にスタート。やっぱりスタートの瞬間ってドキドキしますね~。
015.jpg
RYO君、こんにゃくさん、うらせBOYがスタートしていきました!

その2分後に第2ウェーブ、もりっち、かまたくさんスタートです!
016.jpg

一度陸に上がるから、めいいっぱい声援を!と思ってたのに、よく分からず…(^_^;)

最初にトランジットに現れたのは、こんにゃくさん!
017.jpg

すぐ後にRYO君!
018.jpg
2人とも速い!!この後のバイクパートは魅せてくれるでしょう!!

続いてもりっち!
019.jpg

うらせBOYも!
020.jpg

かまたくさん!足が攣ったとのこと。頑張れー!
021.jpg

バイクパートの応援に。一段上の道路なんで、応援も坂道登ります(^_^;)

メイン会場に一番近いところの折り返し地点。アップが続く、きつい所です。
もりっち!
022.jpg

うらせBOY!
023.jpg

RYO君!ガンガン抜いていきます!
024.jpg

こんにゃくさん!ニューバイク、かっこよすぎ!
025.jpg

かまたくさ~ん!頑張れ~!
026.jpg

折り返しちょっと前の登り坂。RYO君、笑顔です( ´∀` )
027.jpg

もりっちもいい笑顔!
028.jpg

うらせBOYもダンシングで攻める!
029.jpg

こんにゃくさん!一番きつい頃か?!
030.jpg

バイクの周回数が分からず…、そろそろか?とトランジットエリアに戻ってきたら、RYO君、速っ!
031.jpg
バイクパートは全体の8位だって!すごい!

続いてこんにゃくさん!
032.jpg
もう何度もトライアスロン出場しているので、トランジットもスムーズ!

RYO君のランも速い!
033.jpg

こんにゃくさん!
034.jpg

RYO君!
035.jpg

うらせBOY!笑顔やけど、足がきつそう…。
036.jpg

もりっち!
037.jpg

なんとなんと、RYO君速すぎて、ゴールに間に合わず…orz。スミマセン、ゴールの写真無いです。。。( ノД`)
038.jpg

こんにゃくさん、ゴール!
039.jpg

040.jpg

うらせBOY。あと1周頑張れ~!
041.jpg

もりっちもあと1周。きつそう…。
042.jpg

かまたく~~!いけ~!
043.jpg

うらせBOYのゴール!奥さんと子供さんと一緒にゴール!!
044.jpg

もりっち、ゴール!最後追い込んだ!
045.jpg

最後にかまたくさん!みんなでお出迎え(笑)
046.jpg

047.jpg

5人、みんな完走ー!
048.jpg

049.jpg

いやぁ~、ほんと凄かった!みんな!スイム、バイク、ラン、合わせて51.5kmを走り切りました!なかなかできませんよ!すごいことです!それに挑戦する姿って、かっこいいです!

今回は19歳から76歳?!までエントリーがあったそう。その最高齢の方も完走してました。いや、ほんまにすごい。それとかなりの数のスタッフの皆さんも奮闘されてました。いつも思いますが、こういう大きな大会は、スタッフ、ボランティア、地元の皆さんの協力があってこそ、ですよね。本当にご苦労さまでした。もちろん、出場された皆さんも、お疲れさまでした。いい刺激を受けました。さっ、僕も頑張らねば!(笑)





富士見観光フォト日記〜⑶エリートクラス・帰路編

倫くん表彰の余韻に浸りつつ、エイドの準備や倫くんの着替えとかしてたら、あっという間に13:45エリートクラスのスタート時間。スタート写真撮れず。
止む無く、駐車場横の1.5㎞地点で、選手達を待ち受けます。

先頭で来たのは、スペシャライズドの平林選手。
2番手ブリジストンアンカー平野選手。まぁ、上位選手順当です。
そして、まだ20番台位置か、かなりの前位置でRyo君通過。ちょっとしたジャンプポイントでも、見せてくれます。
コースの最低高度から再び登って行きます。このままこの位置から上げていけるか。


エリートクラスは4.3㎞8周回。技術的な内容では、易しいコースと言ってたけれど、素人目にはハードです。
エイドでは、ウエニシさんがサポート。
ガンバ、Ryo君‼︎
だだっ広いコース内。観戦・撮影ポイントを
フォトグラファー倫くんが指示してくれます。因みに、本人撮影の写真の出来映えには、本当に脱帽です。
先頭では、前田、平林、平野、恩田の4人の選手が入れ代りバトル。見応え有ります。

必死に前を追うRyo君。

平林選手のバンク、当たり前だけどかっこいい。
4周目か5周目。この頃になってくると、Ryo君、何時もより何か苦しそう。

頑張れ〜〜‼︎
苦しいんだろうけど、見せるところでは魅せるRyo君。
綺麗なターン。

完走目指せ〜〜
試走を見に行った時、何人もが滑って落車していた、内側の根っこライン。ここも見事にクリアして行きます。

どんどん前目指せ〜‼︎、と、また応援ポイントを移動してるうちに、あらっ。どうも、80%ラインに引っかかった模様。
チームレース、終了です。
拠点に戻ってくる、親子選手。
お疲れさまでした‼︎

余韻に浸る間も無く、撤収作業。
隣のdrawer the racing に、倫くん親子が最後の挨拶。この2日、トッププロ選手、並びにスタッフ相手にタメ口感覚で親しく話し、またレース中は大声で応援する倫くん。改めて、恐るべし(@_@)。おじさんは付いて行きますよ(・∀・)。

4:30現地出発。愛媛には無いこの風景ともお別れです。
一気に養老SAまで車走らせ、
ここでも、たらふく夕食ゲット。
そのまま勢いで、更に一気に与島SA。
そして、0:30松山着となるのでした。

あっという間の2日間。只々、ひとり、楽しく、観光・旅行気分を味わった私f^_^;。他の3人には申し訳ない気分ですが、改めて、楽しませてくれてありがとうございましたm(_ _)m。