スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UCY & ECW 年始サイクリング

 やっと冬らしくなってきましたね。
 INFINITYオジさんズのHAYAMIです。
 今日は、UCY & ECW 年始サイクリングin八幡浜のロングコースに参加してきましたのでレポートします。


 ロングコースは、UCYの“カケちゃん”と ECWの“ヤスさん”らスタッフを入れて総勢12名で走ります。
 天気予報では15:00くらいから80%の降水確率です。
 なので、予定より早く8:30頃出発です。平地区間はAv30km/h、コースを通してAv25km/hを目途に走って、願わくば雨が降る前にスタート地点の道の駅八幡浜みなっとまで帰ってこようという目論見です。

 コースは、八幡浜みなっとを出発して諏訪崎から海岸線を南下。旧明浜町の野福峠を越え、西予市宇和町の道の駅どんぶり館で食事をした後、岩城の水田地帯を横切ってスタート地点へ戻るというもの。

 スタート時点はまだ気温も低く、日陰を走ることもあって、鼻の頭が冷えて、冷えて…
 冬場のサイクリングを気温で堪能します。

 当初、スタートから25km地点にある みかめ海の駅 潮彩館 で休憩の予定でしたが、全員、トイレに寄る必要がなかったため素通り。ここでも時間を稼ぎます。
 ここからしばらくは、海岸線をAv30km/h巡行。その後、上り下りしながら徐々に高度を上げ、大崎鼻までフリーライド。




20160117_①大崎鼻
巡行と違って、フリーライドになるとみんな”ゼェゼェハァハァ”を楽しみます。




20160117_②海岸線下り
ここからは気持ちのいい下りの ”ワインディングロード” だよ。




20160117__③海岸線
景色のいいところで記念撮影



 大崎鼻で合流後は、デイリーヤマザキでの休憩をはさんで、桜で有名な野福峠を登ります。
 参加者には、中学生のミッツやハピガルのクマユカさんもいます。みんないいペースで約60km走ってきています。
 野福峠は海抜0mから約260mをつづら折りで約6km登っていきます。全力で20分弱の辛抱です。
 みんな、頑張って野福峠を登ってきました。ここまで来ると素晴らしい展望が待っています。





20160117_④野福峠から
走ってきた道が一望できる! しかも法華津湾から宇和海にかけての景色はなかなかのモンです!





 ・・・と、野福トンネルからINFINITYジャージを着たお祭り男が登場!!!
 遅れて参加したヨシさんです。
 海岸線で先行する我々の姿を捉えたのですが、ロックオンするのを忘れたのでしょうか、三瓶からそのまま宇和盆地へ登ったようで、一人寂しく道の駅どんぶり館で待っていたのですが、あまりの寂しさにメンバーを迎えに来たようです。


 再合流後は、13名になったメンバーで、道の駅どんぶり館を目指します。
 しかし、野福トンネル内は予想外に寒かった~。そしてトンネルを越えるとさらに冷えてきます。
 さすが、宇和盆地。寒さがキビシイ~。


 道の駅どんぶり館では、どんぶり祭りが開催されていて、レストランは満杯!
 しばらく待ってみんながっつり食っちゃいます!
 カケちゃん、ヨシさん、私はもとより、ミッツまでどんぶり2杯注文する有様で、テーブルの上はどんぶりでいっぱいです!!!





20160117_⑤どんぶり
どんぶり2杯にカニ味噌汁! スッゴいボリュームだね。





 食事を堪能した一行は、交通量の増える八幡浜までの行程をゆっくりと進んでいきます。





20160117_⑥田園地帯
宇和盆地の田園地帯を進みます。




20160117_⑦ゴール間近
八幡浜市内。ゴールは目前です。




 心配された雨にも降られず、14:00前には八幡浜みなっとまで帰ってくるというスタッフのナイスアテンドでロングコースの年始サイクリングは終了しました。そして、見渡すと参加者みんなの笑顔があふれているナイスなサイクリングになりました。


みなさん、この一年もよろしくお願いしますよ~。

スポンサーサイト

第3回 小田川シクロクロス

 INFINITYオジさんズのHAYAMIです。

 今日は、第3回 小田川シクロクロスが開催されました。
 INFINITYからカテゴリー3にGM,ゴーダさん,ヨシさん,あんどうR,ウエニシさん, 私の6名が、カテゴリー2にブルースが、そしてカテゴリー1にRYOくんが出走しました。カテゴリー2にはECWのヤスさん、Team TOCのいんちょ先生、キッズにも3名、そしてレディースにはハピガルからレイコさんとクマユカさんが出走するなど、身内が大勢出走する楽しい大会でした。


 レースは
   ジュニアクラス・レディースクラス
   カテゴリー3(男子初心者 約30分)
   カテゴリー2(男子中級者 約40分)
   カテゴリー1(男子上級者 約60分)
   キッズクラス1・2
   耐久レース(約90分)
の順で行われました。


 リザルトは、いずれ公開されるでしょうから、ここでは身内で好成績を収めた人の紹介をしておきますね。
 カテゴリー3で健闘したゴーダさんは4位。惜しくも表彰台を逃してしまいました。
 カテゴリー2での優勝を狙っていたブルースは2位。よくやってると思いますが、本人は悔しがってました。今後のレースに向けて更に修行をしなければなりませんね。
 カテゴリー1では、優勝はTeam GIANTの門田基志選手。圧巻の走りで3連覇です。第2位はTeam MASSA の小橋勇利、3位は同じくTeam MASSA の宮内 渉。この3名は別格ですね。
 そして4位に食い込んだのが我らがINFINITYのRYOくん。あの一所懸命な走りには惹きつけられるものがあります。


 とりあえず、撮影した写真を並べます。
 コンパクトカメラで撮影したので、ボケてたり、ブレてたりしたのばっかりですけど・・・
 その辺りは勘弁してね。


20151213_01
ジュニアとレディース  スタート位置に整列


20151213_02
ハピガルのくまゆかさんがいく!


20151213_03
レイコさんもいく!


20151213_04
常に笑顔の作道泰子アナ


20151213_06レディース表彰台
くまゆかさんがレディース部門で2位に!


20151213_07いんちょ先生とINFINITYの面々
いんちょ先生とINFINITYの面々


20151213_08カテ2スタート
カテゴリー2のスタート


20151213_09ブルース
1周目  トップで通過するブルース


20151213_10ヤスさん
ECW RTのヤスさんも行く!


20151213_11いんちょ先生
いんちょ先生も行く!


20151213_12ブルースのシケイン
シケインを飛ぶブルース!


20151213_ヤスさんのシケイン
ヤスさんも飛ぶ!


20151213_14ブルースの階段
階段を登るブルース   いい顔してるね!


20151213_15いんちょ先生の階段
階段を登るいんちょ先生


20151213_16鮫さん
鮫さんも登る


20151213_17カテ2表彰台
カテゴリー2 表彰台


20151213_18カテ1トップのシケイン
カテゴリー1 1周目   トップグループのシケイン


20151213_19RYOくんシケイン
シケインを超えるRYOくん


20151213_19渉さん
速い!!! 渉さんの走り   サスガだね。


20151213_21RYOくん
RYOくんも続く!


20151213_22_RYOくん
RYOくん  いい走りです!


20151213_23渉さん
シケインを超える渉さん


20151213_24RYOくん
シケインを超えるRYOくん


20151213_25RYOくん
ウイリーでフィニッシュするRYOくん。  魅せることを忘れないね!!


20151213_26カテ1表彰台
カテゴリー1 表彰台


20151213_27キッズスタート
キッズクラスのスタート


20151213_28リュウセイくん
頑張れ!


20151213_29りんくん
頑張れ!


20151213_30シケイン

20151213_31シケイン
キッズにはシケイン越えが至難の業だ!


20151213_32耐久サンタ
耐久レースに現れた謎のサンタクロース


20151213_33耐久あんどうR
あんどうRもシケインを越える


20151213_34耐久表彰台
耐久の表彰台

トレイル トレイル

 INFINITYオジさんズのHAYAMIです。

 2015年も師走に突入しました!
 近頃では寒さと風がキツく、すっかりお山ライドのベストシーズンですね。

 今日は、“あんどうR”、最近毎週のようにトレイルライドに出掛けている“ヨシさん”、そして私の3人でトレイル三昧してきました。


 1本目は集合場所からアプローチ1時間30分でトレイルに到着する標高900mのお山。


20151205_①アプローチ終了
アプローチ終了!   1時間半のアプローチも、おしゃべりしながら登ると時間が経つのが早い。


20151205_②標高900m
標高900mで休憩。   コーヒーとおやつで一服!  至福のひとときを楽しみます。



 標高900mのこのお山のトレイルは、落ち葉が多くふかふかで、ご機嫌なトレイル。
 3人は、ご機嫌なトレイルの下りを存分に楽しんで終了!!!


20151205_③エア漏れ
1本目終了後にリアタイヤを撓ましてエア抜けしたのでエア補充した”HAYAMI”です。




 2本目は短いけどキッツいアプローチの先にあるシングルトラックを下ります。


20151205_④2本目休憩
見晴らしのいい鉄塔で補給タイム!



 ここは急斜面のスイッチバックのほか、オフキャンバー気味な個所が多く、トレイルを慎重にトレースして終了。


 3本目もキッツいアプローチから自然林と竹林の斜面を通るシングルトラックを下って終了!


 そして最後に、短いけどキツいアプローチをこなして最初に急斜面のスイッチバックやスリッピーな下りのある楽しいトレイル。

 ここでトレイルの出口にあるキケンな溝を“ヨシさん”に伝えた直後、私”HAYAMI”のMTBは前輪が急に突っかかり、前転!!!
 落ち葉に隠れていた凹みと 『俺はオマエを前に行かさんけんね』 と言わんばかりに立ちはだかる岩のコンビネーションにやられてしまいました。

 左ひじと左肩を強打した私は、立ち直るのに少し時間がかかりました。


 今日はトレイル4本を満喫!!!
 “ヨシさん”も久しぶりに仲間と一緒に走るトレイルライドを楽しんでました。

 最後の最後に、落ち葉と凹みと岩にやられたHAYAMIからの報告でした。

第2回 ツールド玉川

走ってきました ツールド玉川

お久しぶり   安藤です。

コースは少し変わって、距離も少し伸びて70km、獲得標高が1604mと結構上ります。
なんといっても、サブタイトルが、「山の神降臨」ですから。

SpecialGuestに昨年に続き新城選手やヒルクライム王者の森本選手など、すごい人がこんな地方に来てくれるんですね。
なんか、今治の元気を感じますね。

INFINITYからは、RYOくん、馬越さん、酒井さん、上西さん、HAYAMI氏、私の5名の参加です。
本日主役のはずの上西さんは、まさかのMTBでの参加。
「今日はターマックで主役でしょう!!」って誰かに突っ込まれてましたね。   俺です・・・・・
馬越さんは、昨年に続いて自走での参加です。  お疲れ様です。

1448187516708s.jpg


6466 (480x640)

開会式も終わり、ほどなくスタートです。

農道を進み菊間まで行くと、歌仙の滝で第1エイドです。
ここでは、地元の豚を使ったハンバーガーをいただきます。

6469 (240x320)

あとで気が付いたんですが、一生懸命走っていたせいか、途中の写真が全然無いので勘弁ね。
ここから峠道を上ってから、玉川ダム湖まで気持ちのいい下りとなります。
ここで残念なことに、結構なスピードで声もかけずに追い越していく輩が多いのよ。

開会式でスーパースターが言ってたでしょ。
「声掛けと手信号をしっかりしましょう。」って
スーパースターの言うことはちゃんと守りましょう。

ダム湖周回路を通り鈍川温泉を目指します。
ここからが登りの本番ですが、結構足に来てます。

そういえば、途中のふれあいの森森林館の紅葉ですが、去年と同じ時期ですが、全然色ついてないのよ。
「今年は暖かいからこれからなんや。」と思っていたら、
専門家のHAYAMI氏曰く、「もう終わり。」だそうです。

6472 (480x640)
そうなんだあ・・・・

第2エイドで猪汁とおにぎりをいただき、登りの本番「千疋峠」を目指します。
RYOくんに付いて上りますが、付いていけるはずもなく、結局HAYAMI氏にもかわされ、よれよれで頂上到着です。

到着すると、こんな応援の横断幕が迎えてくれます。
コース中、いたるところで地元小学生お手製の横断幕が応援してくれます。

力になります!!
6478 (480x640)

その後も何度か上り下りを繰り返しながらゴールを目指しますが、いたるところで地元住民のみなさんから応援の声を頂きながら、気持ちよく走ることができました。
本当に感謝です!!


6481.jpg

ゴール後はダムカレーをいただきました。
食べてばっかりの1日でしたが、今治市の元気と地元の皆さんの温かさを感じられた1日でした。
スタッフの皆さん、参加された皆さん、お疲れ様でした。

長く続いて欲しい、ぜひ来年も参加したいと思えた  ツールド玉川でした。
詳しくはHAYAMI氏のブログをどうぞ!!

次の登板は1年後の予定です。(笑)

久万高原マラソン

ウエニシです。自転車ネタじゃなくてスミマセン。

久万高原マラソンに参加してきました!ハーフマラソン走ります。INFINITYからは、弓乗りさんと、僕(だけ、たぶん…)。

もう20回目の大会になるんですね。初めての参加です。
久万高原マラソン_01
快晴で気持ちよい!

久万高原マラソン_02
スタート前。ハーフは600人くらいの出走か?

スタートして、2キロほどで、結構登ります。それから、じわじわ下り、第1、第2折り返しを過ぎると、そっからは登り返しです。結構きつかった。アップダウンがあるので、ペースもバラバラ(笑)。まぁ、しゃーない。

最後、下り切って、商店街辺り、まわりの応援いっぱいやったのに、もうヘロヘロで、力出ず…。ラストスパートもないまま、ゴール(汗)。

久万高原マラソン_03
もうちょっとタイム伸ばしたかったなぁ。悔しさの残る、ハーフマラソンでした。


あ、気になったこと。

途中は交通規制してないので、地元の軽トラとか、平気でバンバン走ってきます(笑)。人が多い場面では、危ないんちゃうか?と思いました。やっぱり安全第一ですよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。