スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

バラモンキングAタイプへ参加してきました 

先週の日曜日に五島長崎国際トライアスロン大会、通称バラモンキングAタイプに参加してきました。
結果的にはランの21kmでDNFだったので、ブログに上げるのはためらいましたが、来年参加される部員もいるかもしれないので、何か参考になることもあると思い書きました。

昨年はBタイプ(全長154km)に参加し無事に完走しましたので、今年は思い切ってAタイプ(全長226km)に参加しました。Aタイプは、いわゆるアイアンマンって言われる距離のトライアスロンです。
実は、この大会がスタートした2001年当時はアイアンマンの大会としてスタートしました。

なんか話が混乱してきましたが、実はアイアンマンって名称は商標登録されていて勝手に使うことができません。本家本元のアメリカの運営する大会でしかアイアンマンって命名することはできないので、日本のロングディスタンスの大会は、アイアンマンとは名乗ってないです。

五島はバラモンキング、佐渡島はアストロマン、宮古島はストロングマンなどと各大会で完走者に与えられる称号は様々。しかし、やってることは全く同じなわけで226kmを完走したなら、アイアンマンだと思います。

一般的なトライアスロンのコースの全長が51.5kmです。
今回参戦した全長226kmのバラモンキングは、正にトライアスロンの頂点といえる過酷なレースでした。

五島列島へは前日に入りました。前日入りして、余裕で過ごせると思ったら大間違い。
大きな大会となると、受付、競技説明、ヘルメットチェック、バイク車検と預託、ランバッグ預託とやることが非常に多いです。
10時過ぎにホテルにチェックインしてから、全てが終わったのが16時過ぎでした。
今回もクタクタなぐらい疲れました。

チャリ
バイク準備完了

バイクチェックイン
バイク預託、当日は雨予報だったのでカバーつけてる人が多かった。
しかし、レース当日は雨は一滴も降らなかったです。

バイクメカニック
シマノメカニック大忙し。

芝ニャン
子供達の応援メッセージ

バッグ類
レース当日もっていく、バイクバッグ、プレススイムバッグ、スペシャルニーズバッグ2種。
この中にレースギアが入ってます。

6月14日レース当日
レース当日は4時45分の選手専用バスにのってスタート会場に行くので、21時に就寝しました。今年もホテルの大部屋で10名の方と過ごしましたが、とても楽しかったです。

早朝バス
選手専用バスの中。

当日は選手バスで5時過ぎにスタート地点入り。
まずはバイクのチェックをしてから、最終の選手受付をしアンクルバンドをもらいます。
バイクバッグを所定の位置のラックに吊して、補給食をバイクにとりつけたり、軽く軽食を食べたりしながらスイムウォームアップを待ちました。この時間は不安と緊張でガチガチでした。

バイクラック
バイクラックの様子

IMG_0737.jpg
バイクバッグを吊るすラックです。

スタートゲート
スタートゲート。

スイムコース
スイムコース。


スイムウォームアップが始まる前に、バイクとランのスペシャルニーズバッグを預けます。これは、レース中に任意で補給食などを預けることが出来る制度です。バイクでは81kmか136km地点のどちらかでピットイン形式で、自分が用意したものを食べたり飲んだり出来ます。とくにバイクはお昼をまたぐから重要です。ランチなしでレースをするのは無謀ですから。
ランは21km地点ですが、ランは夜になるため寒さ対策のカッパなどを入れて置きました。いらなければ、捨てればいいですし備えあれば憂い無し。

スイムウォームアップを初めてから、スイムが一番苦手なんで下手すると一人旅になるかもと恐れてましたが、今日のスイムは調子良いかもしれないと感じてました。
しかしスイムコースは、一周回1.9kmを2周回します。合計3.8kmもあります。こんな距離は練習でも泳いだこと無いから、何分かかるやら。

ウェットスーツを着ると何故かトイレにいきたくなるんですが、トイレは渋滞中。みんな同じですね。
待ってたらスタート時間が来そうなので、あきらめてスタートを待ちました。

いよいよ7時のスタートが近づくと、選手が一斉にスタート位置まで泳ぎだしました。
この大会はフローティングスタートなので、海の上からプカプカ浮いた状態でスタートします。
集合時間より早めに行く習性があるので、気がつけば前の方に陣取ってしまいました。
出来るだけ、人が少なそうなところに移動してスタートの号砲も待ちました。


スタートの「プァー」って合図が鳴り、700~800人ぐらいが一斉にスタート。
苦手種目なので冷静に泳いでいましたが、何故かずっと集団の中にいる。
いつもは、おいていかれる方なのに「今日はやはり調子いいぞ」。

1周回目の後半まで、集団の中にいることが出来ました。
必死に泳いで1周回目終了、陸にあがり水を飲んで再び海へ。
2周回目は、さすがに疲れも多少でてきましたが、周りに泳いでいる人たちがいるので安心。
初のロングディスタンスのスイムは、1時間44分でした。
遅い方だけど、自分としては上出来なタイム。

スイムアップして、バイクバッグを取り、更衣室へ。
この大会は、必ず更衣室へ入らないといけないルールになっています。
更衣室へ入ってビックリ! 何故か大勢いる!
「この人達は、先を急がないのかな?」って
不思議に思いながら、とにかく自分のレースに集中。
靴下を履いて、ゼッケンベルトを付けて、補給食をポケットへ押し込んで等々、大急ぎで準備をして、ウェットスーツやゴーグルなどをバッグへ押し込んで更衣室を出ました。

更衣室を出ると、ボランティアの子供にスイムの道具を入れたバッグを預けます。
大きな大会になると、何処にいってもこういったやり方だと思います。

バラモンキングのT1はスイムアップしてから、バイクスタートまでかなり距離があります。
途中で、バナナとドリンクを頂いてバイクへダッシュ。この時点で、だぶん9時前だったと思います。


さて、いよいよバイクのスタートです。
バラモンキングのバイクは180km、獲得票高は2000mを越えると言われています。
超ハードなバイクですが、ここで遅れるようなら完走が危うくなるので気合い入れてスタート。
16時までにバイクフィニッシュが目標です。

バイクに入ると、どんどん抜ける。なぜか俺が速いのか、そんなわけないって考えながらペダルを回していたら、悪路でツール缶が飛ばされた。
「やばい、後ろの人が落車する」って焦りましたが、除けてくれて助かった。
ツール缶はボランティアの方が拾ってくれて助かりました。
序盤は快調に進めましたが、ループに入ってからが大変でした。ループとは島の左半分を2周回することですた、この部分がアップダウンが多くて大変。とくに2周回目になると、ペースががた落ちになるぐらいハード。
激坂も2カ所ぐらいあったと思います。そのうち1カ所では、熱烈な応援を受けながら上ります。
途中でジェットコースターみたいな、凄い坂があったり、などなど2周回目の130〜150km地点は1時間で20kmしか進めないぐらいバテてしまった。その後は、少しペースも回復して走れました。

お昼ご飯に用意してたスペシャルニーズバッグですが、バイクで予定より少し遅れていると分かってから、完全にスルーしちゃいました。81km地点と136km地点で補給の為ピットインする時間のロスが惜しくて、ボランティアの方に「いらないです」って言ってしまった。
バイクが終わるまで、パワーバーのジェルのみで腹を満たす作戦にでましたが、これが後々になって裏目にでてしまいました。5分、10分ロスしてもしっかり食べといた方が良かった。

後半は,空港の周辺を走りますた、昨年は風が強くて大変だったけど今年は風もなくて楽だった。
ただ疲労感が強く、残り10kmは凄い苦行でした。

さていよいよバイクフィニッシュ、バラモンキングはバイクキャッチャーがいます。自分でラックに掛けに行く必要がありません。バイク終了したら、ボランティアの方にバイクを渡してランバックを受取り更衣室へ入ります。

更衣室へ入ったら、またまた大勢の方がいました。ロングディスタンスの大会になると数分や5分を惜しむ人が少ないようです。更衣室では倒れている人がいて、ボランティアの方に運ばれていった人がいました。改めて、この大会の凄まじさが分かりました。ギリでの完走が目標なので、私は急いでランニングシューズを履き、OS-1を飲みランへ。
ランスタートしたら、私の名前が放送されるのが聞こえました。「愛媛県の○○さん・・・・」後半は聞き取れなかった。


最終種目のラン、42.2kmがスタート。この時点で16時26分ぐらいだったかな、バイクフィニッシュが16時19分、T2で7分ぐらいかかったことになります。
残り時間5時間34分です。ぜんぜん間に合うじゃんって思う人がいると思いますが、アイアンマンでのランは自己ベストのプラス1時間ぐらいかかります。凄く速い人でもプラス30分です。
私のフルマラソンの自己ベストは4時間57分。不可能ではないが、かなりピンチです。バイクで予定時間オーバーしたのが響きました。

走り出してから、なんとか3kmぐらいまで頑張りましたが、お昼を食べてないどころか、ちゃんとした食べ物をとってないのでハンガーノック気味。なんとか走ったり歩いたりしながら進みました。
フラフラしながらエイドに行って、しゃがんでいるとボランティアの人から「大丈夫ですか?」って心配されてしまった。
エイドの時にバナナを食べてたら、15kmぐらい過ぎたところから少し体が動くようになってきました。

とちゅうで知り合いのかたに「間に合うよ〜、頑張れ〜」ってエールを送りながら21kmの折り返しに向かいましたが、制限時間を少しオーバーし21kmでDNFとなってしまいました。

205km地点で、私のアイアンマンへの挑戦はDNFとなり終了・・。
残念ですが、これが今の私の力です。
あと21kmでゴールだったけど、あと少しの努力が足りなかった。
しかし、今回の経験をいかし次回はかならずゴールします。

ゴミ拾い
大会翌日はゴミ拾いにも参加しました。

生ビールサービス
最後に、選手は生ビール無料サービスだったようです。
結構、知らなかった人はいたみたい。
スポンサーサイト

category: トライアスロン

TB: --    CM: 0   

Viva la Vida!!! 

それでは続きまして
愛南トライアスロン応援部隊編をお送りいたします♪

ノロマっちプロデュース
「応援部隊もガンガン行くぜ!自走で応援ツアー」に参加してきました。

行程は約150km。
自転車乗りからすれば距離的にも高低差的にもまぁまぁな感じのお手軽ルート♪

本来ならそんな感じなんだろうけど、今年の僕にとっては・・・
出発前の気持ちはまさに神風特攻隊でしたwww

朝は3時30分頃に自宅初、そんでもってノロマっちと4時に合流。
松前のコンビニでソロライド予定だった大野さんとも合流して出発するよん♪

前日に上野サイクルでかけチャンにメンテしてもらったから自転車の状態はバッチリ
双海経由で気持ちよく朝の海岸線を走ります

長浜あたりになると朝日が心地よい♪

八幡浜まで来るとメッチャ快晴♪

補給も忘れずモグモグ食べます♪

トンネルを超えるとナイスビュー♪

思わず写真を撮っちゃう気分!

和霊神社前を通り過ぎる一瞬も逃しません(笑)

愛南まであと1.5酒樽!!!、あと1酒樽だぁ!!!
そんなマイナーな距離基準で話しながらワイワイ走る

そんでもって現在地チェック

なかなか遠くに来たもんだと思いつつ、
このコンビニ休憩の時にはすでに僕の脚は終わってた・・・

悟られないようにMonsterでカフェイン補給し、

余裕なふりをかましながら速攻でゴロ寝しての急速チャージ


こっからは必死に着いていこうと思考錯誤してヽ(´o`;

ケイデンスをノロマっちに合わせようとするとギアが重くてその回転数じゃ足が廻らない・・・

じゃぁ!ギアを軽くしてケイデンスを上げるしかない!と思っても、
自分が回せるギア比じゃぁ廻しても廻しても少しづつ距離が開く・・・

前の2人の脚の動きを確認すると、どうみても流してるんだけどなぁ~

平地はギリギリ後ろで耐えてたけど、登りになると全く着いていけない・・・
今頃気づきましたが、どうやら僕は上りが苦手で嫌いなようです

踏めない・廻せない・心拍は上がらないの3点セットに心が折れそうになりつつ、
なぜかこっから先の僕は“もりっち・こんにゃく・浦瀬ボーイ”と一緒に戦っている気持ち感がMAXになったりしてた

諦めるな! 下を向くな! しんどそうな顔するなぁ!少しでも笑顔
なんて事をリピしながら自分に投げかける(笑)

そして、レース中のみんなはこの苦しさ以上に絶対キツイ!!!
今の自分の気持ちを全力でみんなにぶつけて応援しよう!!!
頭の中はそんな思いでイッパイになってた(=´∀`)人(´∀`=)

レース会場に到着した時、
みんなの笑顔をみると疲れが一瞬で吹き飛んだ(^_−)−☆

やっぱ仲間っていいよねぇ

愛南は本当にいい意味で独特な雰囲気がプンプンで最高!!!

今年はこのGoalを駆け抜ける事もないんだなぁ~とシミジミ思いつつ、

あと数時間後には各々が想いを込めて此処を駆け抜けるんだね

愛南は海も空も本当にキレイ♪

選手のみんなも輝いている♪

自分がレース中は観察する余裕なんてなかったけど、
トランジッションは本当に個性?性格??性質???
なんか上手くいえないけど十人十色
ここは見てて面白いし学習する事も多い!!!

こんにゃく → ゼリーを開けるのに一瞬クビを傾け戸惑う♪


浦瀬ボーイ → ひと動作づつ確実に!

いい表情になってバイクスタート♪


もりっち → 笑顔いっぱい♪

靴下履きながら!自転車落として!

脚が攣って・・・ 

それでも笑顔でみんなにも笑いを提供するエンターテイナー振りは流石だ♪♪

この日、一番笑った瞬間だったし、
もりっちのカッコよさに僕の心が震えた瞬間でもあったよ本当にカッコよかった

あとは精いっぱい声出して♪
チャカして♪大騒ぎして♪全力で応援してきました!!!

チャラチャラ♪ダラダラしてるようでヤルときはやるのがInfinityスタイルwww

そんでもって速い遅いは関係なく!
もちろんチームがどうこうも関係なく!
一生懸命全力を出している人には最高の声援を贈るのもInfinityスタイル

僕はこのチームに入って走ることだけじゃなくて、
色んな楽しみ方を教えてもらう事が出来たと思ってる。
これも上手く言葉じゃ表現できないけど、僕はこのスタイルが大好きだ♪

なんで応援中の写真は撮る暇もなかったのでありません(笑)

Goal後のみんなは最高の笑顔で眩しすぎ&カッコよすぎ(^ー^)ノ


本当に完走おめでとう!!!

俺も興奮するぜぇ!!!

Viva la vida♪

よしでした( ´ ▽ ` )ノ

category: トライアスロン

TB: --    CM: 0   

愛南トライアスロンに行ってきました! 

こんばんはー!
レポ遅くなりましたが愛南町トライアスロンに参加してきました!

昨年、INFINITYトライアスロン部の活動に刺激を受けて、自分もやってみたい!
と思ったのがチャレンジしようと思ったきっかけで、
それから少しずつ少しずつ準備・トレーニングを重ねてきました。

元々それまで、ランは気まぐれに軽く走っただけで何日も筋肉痛を引きずるし、
スイムにいたっては中学の体育以来まともに泳いでないという体たらく。


そんなど素人の自分が無事完走できたのはチームの先輩たちの経験を基にしたアドバイスや
自転車仲間からの応援のおかげだと思っています。
どきどきの初挑戦当日のもようは↓↓↓


IMG_1720.jpg

前日までの大雨とは打って変わって、大会当日は晴れ!
気温も上昇して移動中からワクワクそわそわ!


IMG_1722.jpg

今回一緒にエントリーしていたRYOさんは事情があって体大事にということでDNS。
この日はメカニック&応援部隊としての参加となり、出走メンバーはもりっち、こんにゃくさん、わたくし浦瀬の三名でした!

11393256_782126401901912_3073493876089414126_n.jpg

ゲート前でパチリ。
うおー!テンション高まるー!


IMG_1735.jpg

早めにご飯食べたりそわそわと準備を進めてると、むむっ!?このイカツイロードバイクは!


11169062_782126781901874_7190145327142936399_n.jpg

なんということでしょう!
今回はエントリーしていないトライアスロン部の先輩2人が松山から自走で応援に駆けつけてくれました!
ごいすー!!


IMG_1730.jpg

スタート前の午前中は消化時間を見越して早めにご飯食べたり、
トランジションエリアにバイクやシューズなどセットしたり、
ばたばたとはしませんが割とやることたくさん!

おかげで変に緊張や不安でおろおろすることは無かったかな。
ここまできたらあとはやるしかない!


11401582_782127288568490_7264599152755187911_n.jpg

スイムスタート前。
すごい人数だ!そして他の参加者を見渡すとみんな胸筋ムキムキ!
スイムの混戦でもみくちゃのボコボコにされやしないかと気が気ではありません。


11425138_782127428568476_2648258329304813852_n.jpg

そしていよいよ競技スタート!
スイムは第一、第二、第三ウェーブと2分おきに分かれてのスタートです。

前日の雨の影響か海は濁り気味。海底の様子が見えないので泳いでていまいち進んでる感が無く、
海上のブイをチラ見しながらひたすら腕を回し続けます。
1往復して帰ってきたときは、もう一往復…泳ぎきれるだろうかと内心不安でしたw



ヘロヘロになりながらもなんとか泳ぎ切り、トランジションエリアへ走りながら
キャップ脱いでウェットスーツ半分脱いでとなるべく玄人を装う!

1470174_782127981901754_3681762686587118063_n.jpg

なんてこった!あんなにギッチリ並んでいたバイクラックがもうガラガラじゃないか!
そうです。スイムが遅すぎてライバルたちはとっくにバイクパートへ突入しているのです。


でも!我々が一番得意なのがバイクパート!
ここで行かなきゃどこでいくとばかりにガンガン回します。

11230975_782128781901674_7310089023553215159_n.jpg
22791_782128861901666_6279154545343283781_n.jpg
11212789_782128205235065_2106220958033381858_n.jpg

みんなこの表情!楽しさが伝わってきませんか!?
バイクパートではかなりの人数を抜くことができました。
やはり普段かなーり濃いメンバーと一緒に走らせてもらっているのが効いているのかもしれません。

もちろんガチで速い人たちにはビュンビュン抜かれてしまうのですが。
僕もそちら側の人間になりたいなぁ。


そしてバイクを終えてランへ。
ランに入った直後はほんっっっとにキツイからね。と何度も聞いていて身構えていたのですが、
いざ走り出してみるとあれ??意外なほどに足まわるじゃん!

と思ったのも束の間、最初の上り坂で見事に撃沈。
脚が重い!全然前に進まない!腰いたい!

11406853_782128968568322_2006436457465050642_n.jpg
見るからに体重そうなフォームですね…。

普段の練習でフレッシュな足で10キロ走してもまあまあキツイのに、
こっからスタートですか!と途方にくれます。
でも集会を重ねるごとにだんだんと足がまわるようになってきました。


10599204_782129161901636_8271106639846161851_n.jpg

こんにゃくさんの熱い走り!
よく冷えた水を両手に頭からバシャーっと♪
これホント気持ちよくて私もエイドのたびにやってました。

身体が冷やされてゾクゾクうひょーっ!となる気持ちよさ。そして、
ああっ!俺今トライアスリートなんや!めっちゃきもちええ!という別な気持ちよさw
めっちゃ頑張ってる自分に酔える瞬間ですww

22787_782129401901612_225920815934610879_n.jpg

もりっち!急な下り坂も大股で颯爽と駆け抜けていく!
やっぱり高身長はいいっすなー。速い&かっこいい(←ここ重要)
とてもうらやましいです。


11350587_782129561901596_6400258068077351914_n.jpg
11226925_782129638568255_8730521767201687789_n.jpg

ハードなコースを走り終えてゴールへ!
みんなとハイタッチ楽しかったー。


11393221_782129741901578_7625430524740141134_n.jpg

INFINITYメンバー全員無事完走できました!
みんないい笑顔!


この大会、地元の小中学生やおじいちゃんおばあちゃんまで、とにかく沿道の応援がすごいです。
バイクコースでは復路の強烈な向かい風が吹くコーナーにずらっとおばあちゃんが並んで応援してて、
タレてるところを見せられないw

ランコースではさらに応援の密度が濃い!みんながハイタッチしてくれるし、
自分に向けられた声援に「はいっ!」と毎回答えていたらレース後ちょっとのど枯れそうになってました。
でもほんと全員に返事したくなるくらい心のこもった応援ばっかりなんです。

これは絶対来年も出んといかんなー。
次は必ず3時間切りで。
そのためには日ごろの鍛錬による体作りとともに、
趣味に打ち込ませてもらえるよう家庭内での根回し家族サービスも頑張らなきゃなあと思いました。


とまあこんな感じで、どうしても自分目線のレポになってしまってますが、
この楽しさ少しでもお伝えできたでしょうか。
これを読んで、昨年の私のように自分もチャレンジしてみようかなと思ってもらえたら嬉しいです!


おわり

category: トライアスロン

TB: --    CM: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。