スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

UCY & ECW 年始サイクリング 

 やっと冬らしくなってきましたね。
 INFINITYオジさんズのHAYAMIです。
 今日は、UCY & ECW 年始サイクリングin八幡浜のロングコースに参加してきましたのでレポートします。


 ロングコースは、UCYの“カケちゃん”と ECWの“ヤスさん”らスタッフを入れて総勢12名で走ります。
 天気予報では15:00くらいから80%の降水確率です。
 なので、予定より早く8:30頃出発です。平地区間はAv30km/h、コースを通してAv25km/hを目途に走って、願わくば雨が降る前にスタート地点の道の駅八幡浜みなっとまで帰ってこようという目論見です。

 コースは、八幡浜みなっとを出発して諏訪崎から海岸線を南下。旧明浜町の野福峠を越え、西予市宇和町の道の駅どんぶり館で食事をした後、岩城の水田地帯を横切ってスタート地点へ戻るというもの。

 スタート時点はまだ気温も低く、日陰を走ることもあって、鼻の頭が冷えて、冷えて…
 冬場のサイクリングを気温で堪能します。

 当初、スタートから25km地点にある みかめ海の駅 潮彩館 で休憩の予定でしたが、全員、トイレに寄る必要がなかったため素通り。ここでも時間を稼ぎます。
 ここからしばらくは、海岸線をAv30km/h巡行。その後、上り下りしながら徐々に高度を上げ、大崎鼻までフリーライド。




20160117_①大崎鼻
巡行と違って、フリーライドになるとみんな”ゼェゼェハァハァ”を楽しみます。




20160117_②海岸線下り
ここからは気持ちのいい下りの ”ワインディングロード” だよ。




20160117__③海岸線
景色のいいところで記念撮影



 大崎鼻で合流後は、デイリーヤマザキでの休憩をはさんで、桜で有名な野福峠を登ります。
 参加者には、中学生のミッツやハピガルのクマユカさんもいます。みんないいペースで約60km走ってきています。
 野福峠は海抜0mから約260mをつづら折りで約6km登っていきます。全力で20分弱の辛抱です。
 みんな、頑張って野福峠を登ってきました。ここまで来ると素晴らしい展望が待っています。





20160117_④野福峠から
走ってきた道が一望できる! しかも法華津湾から宇和海にかけての景色はなかなかのモンです!





 ・・・と、野福トンネルからINFINITYジャージを着たお祭り男が登場!!!
 遅れて参加したヨシさんです。
 海岸線で先行する我々の姿を捉えたのですが、ロックオンするのを忘れたのでしょうか、三瓶からそのまま宇和盆地へ登ったようで、一人寂しく道の駅どんぶり館で待っていたのですが、あまりの寂しさにメンバーを迎えに来たようです。


 再合流後は、13名になったメンバーで、道の駅どんぶり館を目指します。
 しかし、野福トンネル内は予想外に寒かった~。そしてトンネルを越えるとさらに冷えてきます。
 さすが、宇和盆地。寒さがキビシイ~。


 道の駅どんぶり館では、どんぶり祭りが開催されていて、レストランは満杯!
 しばらく待ってみんながっつり食っちゃいます!
 カケちゃん、ヨシさん、私はもとより、ミッツまでどんぶり2杯注文する有様で、テーブルの上はどんぶりでいっぱいです!!!





20160117_⑤どんぶり
どんぶり2杯にカニ味噌汁! スッゴいボリュームだね。





 食事を堪能した一行は、交通量の増える八幡浜までの行程をゆっくりと進んでいきます。





20160117_⑥田園地帯
宇和盆地の田園地帯を進みます。




20160117_⑦ゴール間近
八幡浜市内。ゴールは目前です。




 心配された雨にも降られず、14:00前には八幡浜みなっとまで帰ってくるというスタッフのナイスアテンドでロングコースの年始サイクリングは終了しました。そして、見渡すと参加者みんなの笑顔があふれているナイスなサイクリングになりました。


みなさん、この一年もよろしくお願いしますよ~。
スポンサーサイト

category: イベント参加

TB: --    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。